120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

昭和グッズ

波平さん

昼休みに愛妻弁当を食べながら会社の同僚と話していて面白いことがあった。 その同僚は狸よりも少し若いのだが、彼いわく『磯野波平さんと同じ歳になりましたよ』と。その場はへぇ〜、と笑って終了したのだが後で調べると、 サザエさんの登場人物 - Wikipedi…

カレンダー

皆さんのお宅ではカレンダーを使っているだろうか。卓上ではなく壁に下げるタイプのやつである。 狸の実家は、いつもあらゆる部屋にカレンダーが下がっていて、毎月1日に父がそのカレンダーを全部めくる、という家だったので、カレンダーの有る生活が普通だ…

千里セルシーを見てきた

5月31日で閉鎖されるとアナウンスの有った千里セルシーに、すずめと出かけてきた。 新人歌手の登竜門と呼ばれて、ここで公開ステージをこなすと大物になるというジンクスが有る?セルシー広場。工事囲いがされて2階からしか中を見ることはできなかったが、ス…

千里セルシー

大阪北部、北摂地区に住んだことがある人なら一度は耳にした、あるいは行ったことがあるかも知れない。 『千里セルシー』 商業施設セルシーの閉館のご案内 ついに正式に閉館のアナウンスが有った。詳しくはホームページを見てもらえば良いので、狸としては個…

顔の有る物とお別れする

狸の実家を片付けたときに引き継いできたお雛様、市松(いちま)さん。こどもたちや、すずめに頂いたぬいぐるみ。数えると40体くらい有った。 少しづつ片付けないといけないと色々なものを手放し処分もしてきたが、どうも顔のついている物は処分しづらい。それ…

トヨタ産業技術記念館

先日の記事でトヨタ産業技術記念館の話が出てきたので、せっかくだから紹介しておくことにしよう。 ここには二回訪問している。すずめと行った後にすずめの両親に記念館の話をしたら御二方ともに興味を示したので、もう一度みんなで一緒にに行くことになった…

ノリタケの森

名古屋市内の一等地に『ノリタケの森』という博物館がある。陶器で有名なノリタケブランドの本社敷地内だ。 https://www.noritake.co.jp/mori/ 陶器の食器に興味のある方はもちろん、クルマやモーターサイクルならば低公害化に欠かせない触媒コンバータ、エ…

これ何ですか〜昭和グッズその2

昭和グッズのものの続き。 狸の両親は、とうに見送ったが実家を片付けないといけなくなり、両親が50年住んでいた家を、片付け屋さんに頼まずにほぼ、すずめと二人だけで片付けた。 その片付けの中で出てきた珍しい?ものが色々あるが、これは何でしょう? 今…

328の日

昨日、3月28日は328の日と言うらしい。 狸が乗りたいクルマシリーズの中にフェラーリ328は候補としては挙げなかった。あまりに非現実的ではないかと思って。 フェラーリの中で好きなモデルといえば、この328か、430がいい。 以前の記事で書いたが、328には、…

これ何ですか〜昭和グッズ

おおさか東線での通勤は考えられる3つのルートを試してみて一応、気が済んだので、利用状況が落ち着くまでしばらく様子を見ることにした。 ところで話は昭和グッズのものに変わる。狸の両親は、とうに見送ったが、実家を片付けないといけなくなり、両親が50…

プジョーの胡椒挽き

フランス車にプジョーがあるが、よくよく考えてもそれほどまでに乗りたいモデルはない。 が、プジョーの製品は恐らく30年ほど前に購入したことがあり、今でも現役で狸家で使われている。 それは胡椒挽きだ。 プジョーは元々粉挽き業が家業だった。 PEUGEOT |…

古本屋さん

先週末に神戸元町にでかけた。 目的は中華街ではなく、元町駅界隈で移転開店した、すずめ馴染みの古本屋さんを見に行くためだった。 元々は阪急線より山側のビルの一角に店を開いていたが、昨年の台風で雨漏れがして商品の書籍が濡れるという被害を被ったの…

思い出のクルマ〜番外編、Volkswagen GOLF DIESEL

同期入社の友人と、古いクルマをレストアして遊ぼう、という話が持ち上がり、その友人が何処かから仕入れてきたBMWをレストアして売却した後、じゃあ次の車は狸が選んできて、となってBMWの売却代金を予算に見つけてきたのがこのクルマ。初代のマイナーチェ…

思い出のクルマ〜番外編、BMW320 南アフリカ仕様

狸はHondaのファンなので、今まで乗ってきた25台のクルマはほとんどがHonda車なのだが、4台だけ他のメーカーの車に乗っている。 そのうちの1台は、既に出てきた狸が学生の頃に実家の父が乗っていたCOROLLA30だ。残り3台のうちの1台を紹介しよう。 比較的近所…

思い出のクルマ〜PRELUDE XX

思い出のクルマの記事で次はVIGORのことを書こうと思ったが、その陰でほんの3週間ほどだが我が家の脚として役に立ってくれたクルマのことを忘れていた。 『PRELUDE XX』は既に出てきたんじゃないの?と気づいた方もいるかも知れないが、その『PRELUDE XX』と…

思い出のクルマ〜番外編1、Today

狸がCIVIC25iに乗っている頃に結婚して、すずめが栃木に来てくれた。 近所の買い物や、やがて始めたアルバイトに行くのにスクーター(Hondaのeve:前述)を使っていたが、初夏の栃木の雷・夕立で川の様になった道路で流されそうになり、トラックに水をザブザブ…

思い出のクルマ〜プレリュードXX、外伝(七人のこびと)

狸がプレリュードに乗っていた頃にちょっと流行っていた物があった。 それは、セダンタイプのクルマのリヤトレイ部分に、TOMY製の『七人のこびと』のぬいぐるみを並べて走るということ。 街なかで時々見かけるようになって、若かりしすずめが欲しそうな顔を…

思い出のクルマ〜プレリュードXX、その4

さて、少々間が開いてしまったが、プレリュードの続きだ。 狸の乗っていたのは『XX』と言うグレードだったが、これは英語圏ではいただけない名前らしい。『XX(エックスエックス)』は、色んな意味で大きな声で言えない言葉を表すから。T社の『セリカXX』も英…

同窓会

箕面大滝で紅葉を堪能した後に母校の高校の見学に行った。同窓生で母校の教員になっている方が引率してくれた。期末試験前で部活もないので校内に入るには教員の引率が必要だそう。 およそ40年ぶり?くらいで訪れたが、耐震補強と教室にエアコンが設置され、…

思い出のクルマ〜プレリュードXX、その3

『高温時の事例はまた明日。』と言っていたが、3日過ぎてしまった。それでは、高温時のエンジントラブル。 まず、熱間再始動(ホットリスタート)が極めて悪い。 例えば、夏場に高速道路を走ってサービスエリアに入り、WCとちょっと飲み物飲んだりして30分くら…

クリスマス強化月間

12月になった。 今年はハローウィンの次の日(11月1日)に梅田に行ったら、もぅクリスマスソングが流れていて『いくらなんでも早すぎないか?』と思っていたのが、あっという間に12月になってしまった。 ショートショートの神様?、故、星新一さんがエッセイの…

思い出のクルマ〜プレリュードXX、その2

『インジェクションのSiにするか、ツインキャブのXXにするか迷ったが、30万円の差額で4WSとABSが付けられるし、と思ってXXにしたのが後々後悔する羽目になる。』と昨日の記事で書いた。では、なぜそうだったのか。 Hondaは心外かもしれないが、このクルマは…

思い出のクルマ〜プレリュードXX、その1

独身最後の贅沢だと言ってCIVIC25iを買ったはずだったが、残業と休日出勤がめっちゃ多いと言う職場だったので、給料もその分もらえるようになる。 結婚したが、すずめは『クルマを買い替えて狸が機嫌良く仕事できるなら、買い替えればいいじゃない。何とかな…

思い出のクルマ〜CIVIC 25i

ACCORD LX-5は、会社の後輩に譲ってあげた。 車に乗り始めて5年目で、ついに新車を買おうと思ったのだ。 www.honda.co.jp HondaのCIVICがフルモデルチェンジ。Hondaのクルマはマイナーチェンジ後が良いという噂もあり、それから2年経ってマイナーチェンジさ…

思い出のクルマ〜ACCORD LX5

ゴールデンウイークに先輩にACTYを返して、もう連休の次の週末にクルマをもらえることになった。たしか1976年式のACCORD ハッチバック LX-5だった。 www.honda.co.jp 先輩曰く『結構ヤレてる。あちこち錆びて塗装も 痛んでるから色を塗ろう』。週末に引き取…

思い出のクルマ〜ACTY STREET 4WD

前の話で出てきた、CIVIC1300を手放したのは理由が4つ。 友人が良い条件で買ってくれる。 車検が近いし4月に税金がかかる。 5月に先輩の友人が車を買い換えるが、そのクルマをくれる(無料で)。 そのクルマをもらうまで、先輩が車を使わないから貸してあげる…

思い出のクルマ〜CIVIC 1300GL、その2

その頃でも古い車だっただけにトラブルも、いくつか有った。納車されたのは11月の初めだったと思った。 朝の通勤時はずいぶん寒くなっていた。クルマはヒーターが有るから良いなぁと思っていたが、どうもおかしい。走っても温まってこない。会社までは片道15…

思い出のクルマ〜CIVIC 1300GL、その1

半年間の実習が終了した狸が、晴れて正社員に登用されて配属されたのが栃木県の事業所だった。 10月の初めに荷物を運んで小さなアパートに入り一人暮らしを始めた。ここでまず驚いたのが、大家さんが初老の女性だったが、挨拶に行ったら言葉がわからない。栃…

思い出のクルマ〜CITY TURBOⅡ

思い出の車のことは全部書いたと思っていたが、10月12日にLifeの記事を書いてから、アイスランドにのめり込んだので、全然進んでいなかった。すっかり忘れていた。 会社に入って半年間の実習中は車を持つ必要がなかった。通勤用にと会社が社有車を貸してくれ…

アイスランドで見かけたモーターサイクル

アイスランドは冬でも極感ではないものの、夏でも20度を超えることは稀だと言うから、モーターサイクリストは少ないのだと思っていた。 レイキャビクでの2日目に中心部に向かって歩いていたとき、美容院の店中に綺麗にレストアされたHonda CB50が置いてある…