120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

大物家電を処分する〜冷蔵庫編その2

 

電話が繋がらないと申し込めないので、すずめが頑張ることになった。コンサートのチケット予約の電話のごとく、受付開始時刻の数分前からスタンバイして、一度電話をかけて準備する。

時報が鳴った時にちょうど呼び出しコールが鳴るようにタイミングを見計らってリダイヤルする。この手で見事に?家電回収の予約を取ることができた。

引き取ってもらうには所有者本人の立ち会いと、身分証明書が必要となるとのことだった。従って、例えば高齢になって施設に身を寄せた両親の代わりに両親の家を整理整頓する、などと言うときには原則的には所有者である両親の立ち会いがないといけないので注意が必要だ。

勝手に他人の物を売却してしまうようなことに対する配慮だとは思うが、ちょっと面倒でもある。

さて件の冷蔵庫は、すずめがしっかり内外を掃除して狸がワックスを掛けて見かけ上はピカピカにしてあったのも功を奏したのか、数千円で引き取られていった。

我々は掃除はしたが、リサイクル店の担当の方が設置されていたキッチンから二人がかりで持っていってくれた。

ヤフ●クやメル●リのほうが高く売れたかも知れない。けれど家から出して送ることまで考えると、良い手だったと思っている。

次は洗濯機を処分する。

©Tanu記

大物家電を処分する〜冷蔵庫編その1

ちょっとしたことから、大物家電を処分しなければいけなくなった。今回のアイテムは冷蔵庫。しかも、すずめと狸の二人では持ち上げるのが難しいくらいの、500リットル近いフレンチドアの製品だった。

以前、もう少し小さい350リットルくらいのものを処分したときは、身近の若者がほしいと言ってくれたので譲ってあげた。

その前の冷蔵庫は、たまたま某家電量販店で『どんな冷蔵庫でも20円以上で下取りセール』をやっていた時に故障して動かなくなってしまったので、その時に処分した。

しかし、今回は欲しがる人もなく引取りリサイクルに出すと(ちゃんと作動するのに)出張費とリサイクル料金で1万円以上かかることが判明。

まだまだ使えるものを処分するだけでも心苦しいのに、更に丘を払わなくてはいけないとは。。。。ということであちこちリサイクル業者に聞いてみると、家電は製造後5年か7年までの引取り、というところが多かった。

今回の冷蔵庫は製造後ちょうど9年目で、万事休す、だった。その時何となく古着を見にふらっと入った、セカン●ス●リートで製造後10年目までの家電の引取をしていることを偶然に発見。

店頭では受付しておらず、取扱部署に電話するが話し中でつながらない。

さて、困ったな。

©Tanu記

クロスカブのエンジンをかける。スーパーカブ110で出かける。

週末は暖かかった。大阪の気温は20℃を余裕で超えて、近所の用足しならば軽く長袖を着れば間に合うような陽気だった。

昨日の記事で書いた歯科医には、すずめのスーパーカブ110で出かけた。たしか昨年の晩秋以降は乗っていないはずだが、スターター一発始動でグズりもせず走行開始。片道3kmほどの道のりを快適に走行する。

キャブの頃なら、シーズン終わりにキャブのガソリンを抜いて、バッテリーのマイナス端子を外して、などと世話を焼いたものだが要らぬ世話のようである。

加えてこの週末は統一地方選挙があった。投票所までは片道1kmほど。いつもはのんびり歩いていくのだが、今回は、すずめとタンデムで出かけた。こちらも全く問題なく、シーズンイン完了な感じである。

もう一台の方、おもちのクロスカブ。2年前に就職で関東に行ってからそのまま置いてあった。時々狸がエンジンを掛けたりしていたが、バッテリーを外して保管した後、1年以上エンジンを掛けていない。

このゴールデンウィークに関東までツーリングしながら陸送するのだという。その前にとりあえずエンジンを掛けておこうと考えた。

外して保管していたバッテリーは弱っていて、燃料ポンプは回るがスターターはまわらない状態。カブ様にはキックスターターが装備されているのでキックすると、一発でエンジンが始動した。ガソリンが古いのか、さすがに最初はレスポンスが悪かったものの、少し暖めるとアクセルの付きも良くなった。

今週末にナンバープレートを装着して12ヶ月点検に持って行くことになった。

©Tanu記

歯の定期点検

週末に歯の定期検診に行ってきた。歯科と言っても虫歯が痛いわけではなく、歯の周りの歯石を除去してもらい、歯茎の状態をチェックしてもらうわけだ。

昨年の虫歯予防デーに記事で書いたが、すずめが歯列矯正をしてもらっている歯科に通うようになった。

自分で言うのもなんだが食いしん坊である。美味しいものや甘いものが大好きだ。太らないように自制するのが大変だ。健康のためということももちろんだが、美味しいものを食べられるように、毎日歩いたり、週に1回のペースでジムで汗を流したりしているのだ。

歯の健康管理も食いしん坊活動の一環だ。自分の歯で食べないと美味しさも半減してしまうと思うと、歯の健康管理にも力が入る。

歯科医によると歯石の除去や歯周病のチェックは年に1回では少なくて2回が良い。理想的には年3回だそうだ。狸は歳にしては状態がすごく良いということもあって、年に2回で勘弁してもらっている。

ところで、軽い歯周病が有ったとしても歯石の除去は予防に当たるので、自費治療になってしまう。狸の通う医院は歯石除去と磨きと歯茎のチェックで¥9180。

高い気もするが、どんなに高価な入れ歯をしても自前の歯には敵わないそうだから、将来の自分への投資と思って通うことにしている。

©Tanu記

IKEA鶴浜への送迎バスの件

IKEA鶴浜店に行って北欧気分を味わうとか、お得なキャンペーン料理が美味しいとか言う記事は、いつぞや書いた。

今日はそのIKEA鶴浜店への送迎バスの話。IKEAに行くときは大物を買うときはクルマしか選択肢がないが、レストランに行くだけとか軽いものや食材だけのときは、電車とバスで行くのが狸のスタイルになっている。

IKEA鶴浜への送迎バスは大阪駅なんば駅から出ているが、日が暮れてから乗るなら大阪駅発着がおすすめだ。何故かと言うと店の近くになると『千歳橋』を渡るのだが、この橋からの眺めがいい。ほんの一時なのだが、

f:id:raccoonhouse:20190419224630p:plain

ライトアップされた天保山の大観覧車や、USJの灯り、反対側にはあべのハルカスや市街地のビル群の夜景が眺められる。

f:id:raccoonhouse:20190419230109p:plain

大阪駅と店舗の間は35分。路線バスなのでお世辞にも乗り心地が良いとは言えないが、35分も乗って210円。帰りのバスで次回有効の500円クーポン(以前は行きのバスで当日使えるクーポンをくれたので、狸はそちらのほうが良かった)をくれるのでお得感◎。

混雑も気にしなくていいし、市街地に入ったら居眠りしていてもOK。ちょっと観光気分を味わえる送迎バスに乗ってみてはいかがだろうか。

©Tanu記

トヨタ産業技術記念館

先日の記事でトヨタ産業技術記念館の話が出てきたので、せっかくだから紹介しておくことにしよう。

ここには二回訪問している。すずめと行った後にすずめの両親に記念館の話をしたら御二方ともに興味を示したので、もう一度みんなで一緒にに行くことになった。2回目でも十分楽しめる。

四年ほど前の話なので、変わったところがあるかもしれない。記念館も名古屋市内の一等地にある。駐車場があり、もちろんトヨタの車じゃなくてもオッケーだ。

こちらもノリタケの森と同じように、レンガ造りの建物が趣き深い。フロントのホールに、大きな自動織機がある。今でも動き、日に何度かデモンストレーション作動がある。広大な展示室の中には手動の頃からの織機が並んでいて、どれも動態保存だと言うから流石だ。

f:id:raccoonhouse:20190418205903p:plain

もちろん織機だけでなく、自動車や工作機械に関連する技術展示もたくさんあるので、楽しめる。

名古屋駅からトヨタ産業技術記念館ノリタケの森とじっくり見るには1泊2日で、とオススメしたい。

1日目の昼は、あつた蓬莱軒のひつまぶしで、2日目の昼はきしめん味噌煮込みうどんで、というのはいかが。

もう一泊すればトヨタ博物館もじっくり見て帰れる。動く機械の博物館の旅も良さそうだ。

©Tanu記

おおさか東線(北区間)の夕方の通勤時間帯に乗ってみた

4月16日に開通後ひと月経った、おおさか東線(北区間)の夕方の通勤時間帯に乗ってみた。朝の試乗記の続き。

夕方に乗車したのは、上りのJR野江駅18時23分発で新大阪駅まで。

JR野江駅には18時15分に着いた。会社を出て15分位の距離だった。駅は閑散としている。ホームには各ドアの乗車位置にひとりかふたりの人が立っている。待合室でスマホを見ている人が何人か。

やがて入ってきた電車はほぼ満席で立っている人も結構いるが、すぐに降りる人が多いのか空いている席が所々にあり、そこに座ることができた。感覚としては朝の下り電車よりも人が多い感じだ。

下りのときと同じく途中阪急電車と乗り換えのJR淡路駅で降りる人が多い。乗ってくる人もいるので、混雑具合はあまり変わらない。混雑率で言うと、やはりこの電車も100%には至っていないのではないだろうか。

 

上りの電車は、新大阪駅まで直通で行けるからか、スーツケースや大きなバッグを抱えている人がチラホラ。

新大阪駅に入る時にはポイントを通過するので左右に大きく振られる。JR野江駅から11分、新大阪駅に着くと、ホームにはかなりの人が列を作って待っていた。やはり狸の乗る方向は、反対向きのようだった。

それでも乗車率100%になるんだろうか?運行本数が減らないと良いけど。

©Tanu記