120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを一記事500文字くらいで書いていこうと思います

縄文杉を見に行きたい

海外旅行に行けない日々が続く。

だいぶ緩和されてきたので『絶対に行けない』わけではないが、ワクチン摂取やPCR検査、相手国入国後の行動制限、帰国前のPCR検査など一介のサラリーマンには、まだまだ敷居が高い。

日本国内で、どうしても『この目で見ておきたい』ことやモノの中に、屋久島の縄文杉がある。

樹齢2500〜7000年と推定される、この古木を是非見てみたい。

縄文杉 - Wikipedia

でも並外れた体力があるか、登山に慣れた人しかたどり着けない、そう思っていた。

少し調べると平均的な体力が有れば(定義は不明)大丈夫という記事が多く、実際行った人の話を聞く機会があったが、出社の日は往復で7km歩いている狸の今の体力なら、まだ間に合うかも? と期待された。

もう少し調べると、山歩き初心者はガイドと行くべきだということや、ガイドツアーを企画している会社が幾つか有り、ツアーの年齢制限は10〜69歳で狸は、おちおちしていられないということも分かった。

幸い、最近注目を集めているので公開される情報量も多い。

家族の心配事も殆どないし、すずめも狸も今のところ健康だ。

今が一番若い。少し調べたら縄文杉を見に行く計画を立てよう。

©Tanu記

JALと楽天ポイント連携

狸はJALマイレージを貯めている。

まぁ最近は国内外問わず旅行に行ける状態ではないので、もっぱらクレジットカードの支払やポイントサイトの景品で、チビチビ貯める『陸マイラー』状態ではある。

国内航空会社のマイレージには有効期限があるものが多いが、JALもそうだ。

いまのところ狸が貯めているJALマイレージは、コロナ禍の臨時的措置で一番短いものでも2023年2月末まで有効期限が伸ばされている。

狸は旅行に行かないで取り敢えず有効期限を伸ばす手段には『e JALポイント』を使っている。

『e JALポイント』は10000mileを交換すると1mileあたり1.5円分になり、レートが良いからだ。

JALのショッピングサイトでmileで買い物ができるが、レートが高くないのと、同じものがECサイトでは安く買える事が多いのと、何より欲しい物がない。

そこに『JALマイレージ楽天ポイント連携』の発表があった。それによると10000mileを交換すると8000円分の楽天ポイントに交換できる。

他の金券系では1mileあたり1円分の物が多いので、レート的には見劣りするが何でも買えるのが利点だ。

旅行に行かないで何か欲しい物ができたら考えても良いかもしれない。

©Tanu記

自動車税来た

自動車税(軽自動車税も)の納税通知書が一気にやって来た。

我が家には原動機付きの乗り物が4台あるから頭痛いなぁ。とは言っても今は原付き2種が3台とクルマが1台だ。

原付きの方は、51ccが1台と、110ccが2台なので3台を合わせても6800円。

クルマの方が大変で、2008年登録の我が愛車は今年から経年負荷による『概ね15%重課』が課せられて昨年までの、45000円が51700円になった。

『やれやれ、ついにこの日が来たか』という思いだが『もう買ってから13年も経ったのか』という感慨も有る。

クルマ大国ドイツは、クラシックカーの税金は安くなるというハナシ(未確認)だけど、国内の自動車需要を喚起したい我が国としては、買い替え促進のためには税金を重くしたほうが良いということだろうなぁ。

『せっかく大事に乗っているのに水を指しやがって』みたいな気分にも陥るが、大事に乗り続けている勲章として払うことにしよう。

次回の車検では重量税も9600円増税になるけど、まだまだ乗るぜ。

©Tanu記

腸炎になりました

お腹を壊したのは4年ぶり。

未明4時ごろ、お腹が痛くて目が覚めた。

トイレに駆け込み30分ほど籠城。

にゃんことおもちに『狸に毒味をさせても意味がないよな』と言われるくらいお腹は強いのだが、どうも何かに当たったらしい。

そのおかげで記事の更新ができなかった。

高校生の頃までは体が弱い方で、よく風邪をひいたり熱を出したりした。

熱を出して寝込んでいると、母が素うどんやりんごのすり下ろしを作ってくれた。

高校の2年生くらいから体格も良くなって、さらに結婚してからはほとんど病気をしなくなった。すずめによる栄養管理が良かったのだと思う。

にゃんこはあまり病気をしないこどもだった。おもちは、そこそこ病気になった。我が家では風邪をひいたりして熱が出ると、スポーツドリンクを飲んでも良いことになっていた。ふたりとも少し大きくなって状況を察知するようになると『ずるい』となるので、やがてどちらも飲んで良いことになった。

はにゃんことおもちは巣立ったので、すずめに甘やかしてもらってプリンだのリンゴだのを食べさしてもらっている。

子どもたちがいたら『ずるい』となっただろうが、いやいや、やはり健康が一番である。おやすみなさい。

©Tanu記

ホテルの調度品

ゴールデンウイーク中に遠方の旧友たちに会いに行った。

前会あってから、程なく新型コロナ自粛期間が始まったので、3年ぶりの再会だ。

皆さん(奥様方も含め)が急に老け込んだりしていないか心配したが、さほど変化していなくて安心した。

我々の歳になると見かけの急な変化は病気や生活の激変などの良くない兆候だ。

いやぁ、すずめと狸は若さを保っている!?なぁ、と自画自賛することしきりだ。

泊りがけで行ったのだが、予約したホテルの部屋に入って、お茶でも飲もうかと思ったとき『何かこのテーブル見たことあるね!?』と気づいた。

高級ではないそのホテル、地方都市だからか部屋は広い。そうは言っても少し大きすぎるサイズのテーブルが部屋にあった。

それが、このガラステーブルだ。

狸家にも実家からもらった物がTV前にドンと置いてあるが、それと全く同じ。

色もメーカーも大きさも、そして、たぶん相当古い。恐らくモデルも同じだろう。

大勢の人が触って、あちこち塗装が剥げているが、それがこのガラステーブルの年季を表している。

広島のマルニ木工というメーカーのものだが、あまり見かけない。

www.maruni.com

それが、こんな所に有るとは。

ホテルの部屋でも旧友に有ったような気がした。

©Tanu記

飛行機を見ながら

飛行機を見ながらのランチタイム@ヒロコーヒー伊丹いながわ店。

ゴールデンウイーク終盤の休日にランチを食べに行った。

ランチとは言っても我が家が時々やる『モーニングタイムの終わりごろに入店して、ランチ代わりに食べる』だ。

すずめは自家製イギリスパンのトーストにコーヒーが付いて550円。狸は同じくハムエッグトーストが693円(ともに税込み)。

通常はコーヒーが550円だから、トーストが無料で付いてくるのと同じ。

11時までに注文すればOKだから、朝が早い狸家は十分ランチ代わりになるという訳。

ただしモーニングタイム以後のほうがメニューは豊富だ。

このパンを半分づつに分けて、いただいた。

飲み物はオリジナルの『いながわ』が好きなので、いつもそれを頼んでいる。すずめはいつものデカフェ

今回は日差しが強かったので、テラス席は諦めて室内席にした。飛行機が飛び立つ音を聞きながらの食事も、また楽しいもの。

よく晴れた青空には飛行機雲が伸びていた。飛び立つ飛行機の数も多かった。

ニュースによると国内航空需要は、コロナ感染症流行前の9割に戻しているという。

そろそろ国内旅行は自由に出かけられそうかな。

©Tanu記

セルシー地下のパチンコ屋さん閉店

豊中市ローカルニュースサイトによると、セルシー地下で営業を続けていたパチンコ店『しんばし』が閉店するらしい。

toyo-2.jp

リンク先の記事にも書かれているが『これでセルシーの全店舗が閉店したから、新装建て直しに前進するのかな?』と狸も思った。

しかし違っているようだった。

セルシーのホームページ(まだ有るよ)によると1階と2階に店舗スペースが有る『ダイエー』は、まだ『休業中』なのだそうだ。

http://www.selcy.co.jp/event_info/20180712.html

大阪北部地震の時に『地震の影響で休業します』的なアナウンスが有った気がする。

【営業休止中】ダイエー千里中央店 – ダイエー

ダイエーのホームページにも休業中とある。

しかし、あの建物の状態では再開は無理では…。それに千里中央には既にイオン系のスーパーが3店舗も有るしね。

閉鎖します、と言われてからコロナ騒ぎで観光客も激減。再開発のハナシも、とんと聞かれなくなった。

千里阪急ホテルが営業終了するまでには決まるのだろうか。

ところで『しんばし』の向かいの飲食店は営業しているが、コチラは通路を隔てているだけでセルシーではなく『せんちゅうパル』なので、関係なく営業中。

ちょっと、ややこしい千里中央だった。

©Tanu記