120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを一記事500文字くらいで書いていこうと思います

ガソリンの賞味期限

今の職場に異動してからもうすぐ丸5年になる。

免許を取得してから異動するまでは、クルマとモーターサイクルで業務とプライベートを合わせて、おそらく年間2〜3万kmは走っていた。

それが異動してから仕事でクルマで外出することがたまにあるが、通勤は公共交通機関となってプライベートの走行距離は激減し、クルマとモーターサイクル合わせても年間3000kmくらいになった。

当然ガソリンの消費量も10分の1くらいになったわけだ。それだけ地球と財布に優しくなった訳だが喜んでばかりもいられない。

ガソリンにも賞味期限があるのだ。ENEOSのFAQを参照すると、

www.eneos.co.jp

『気温の変化が少ない冷暗所の保管であれば、ガソリンは半年程度使用に関して問題ないものと思われます』とある。

クルマのガソリンタンクに入って車庫に止めていれば”暗所”ではあるが、”気温の変化が少ない冷所”ではない。

これから推測すると、まぁ長くても半年くらいの間には使い切ったほうが良いということになるだろう。

パフェ号はギリギリ半年、愛車の方も4ヶ月に一度位の給油ペースだ。

消費期限が近づいたら? ガソリンを生ゴミで捨てるわけにはいかないので、これはもう乗って消費するしかない。

にゃんことおもちが幼少のころは田舎に住んでいたこともあり、すずめと狸のクルマで月間200リットルほどガソリンを使っていた。

かつてガソリン代でアタマが痛かったが、それが今ではいかにクルマとモーターサイクルのガソリンを消費するかでアタマが痛くなるとは想像もしなかったなぁ。

©Tanu記

クルマの幅が広い

会社の後輩が(とは言え狸とは親子ほどの歳の差が有るが)遊びに来ることになった。

狸はマンション暮らし。一応そのマンションには来客用の駐車場が有って管理人に届け出れば1日無料で借りられる。

届けを出そうとして、ふと思い当たった。彼はボディの大きなセダンが好きで(ここでは敢えて車種は書かないが)幅1.9m、全長は5.25mほどの巨大サイズに乗っている。

来客用駐車場は3区画あり、そのうちの2区画は幅1.85m、全長5.25mまでしか置くことができない。

車を停めるところが無いや、と焦っていたら彼から電話があり『同期の車に便乗して行くことになったので二人で行って良いですか?』と。

同期の友人君の車はHondaのインテグラなので問題ない。やれやれ解決だ。

ところでクルマの幅はどんどん広くなってしまった。いわゆるコンパクトカーでも『コンパクト』なのは全長だけで幅は1.7mに張り付いている。

幅1.48mの軽自動車の次は殆どのクルマの幅が1.7mで間を埋められるサイズのクルマは少数派だ。

狸の愛車の幅は1.75mで買ったときは『幅の広い車だな』と思っていたが今や小型車並みのサイズに収まっている。

安全性能という至上命題があるものの駐車場や道路事情などのインフラが追いついていないと思うのだが。

将来、幅の広い車の運転がしんどくなったら軽自動車しか選択肢に残らないとは面白くない!

狸はそう思うのだった。

©Tanu記

自動運転車

ついに自動運転車が発売された。

HondaのLEGENDに自動運転機能が搭載されたグレードが限定的にではあるが、発売された。

www.honda.co.jp

発売されたとは言え、限定生産で100台きりだが『自動運転車』というモデルが発売されたという意義は大きいと思う。

公式サイトをよく読むと、さすがにどこでも自動運転ができるわけではなくて、限られた高速道路上だけだが、一応、北海道から沖縄まで網羅されている。

www.honda.co.jp

『自動運転で日本縦断してみた』なんて言う動画が、クルマ系YouTuberか雑誌系動画で配信されるのではないかと期待する。

狸なら、いの一番に企画するんだけどな。

販売価格は1100万円! でリース販売のみだから『自動運転に年間400万円くらい払っても良い』という先進技術フリークかつ懐に余裕の有る方のみ体験できるというわけだ。

チョット羨ましい〜。

自動運転中も限定渋滞路以外は目を離してはいけない。これはクルマが自動運転ができなくなったときに、ドライバーが反応しなければならないためだ。運転責任はドライバーが負うということ。

狸は『免許が有るうちは運転は自分で』派だが、機会があれば自動運転も体験してみたいと思う。

きっと、最初は怖いんだろうけど。

©Tanu記

韓国ダイニング『石鍋KOH』

2度ほどしか行っていないが美味しかったので記事にしようと思う。

そのお店は韓国ダイニング『石鍋KOH』という。

goo.gl

オリジナルのホームページは無いようだ。

外から見ると喫茶店のようでもあり、店の入口は小さくて狭い感じがするが、中に入るとテーブル席や座敷もあって広い。

近くに駐車場も有るのでクルマで行くには良いところかも(呑めないけどね)。

おそらく小グループの飲み会などに使われていたのではないだろうか。

初めて行ったのは昨年。緊急事態の頃に店先でお弁当を販売していると書いてあって、特に便利な場所でもないから大変だなぁ、と思いながら通った。

その後、事態が少し落ち着いたのでランチを食べに行った。すずめも狸もスンドゥブが好きなので、店の中が空いていたら入ろうと思っていた。

スンドゥブは具と辛さを選ぶことができる。辛さがわからない方は、甘口を頼んでおいて、後から追い唐辛子で調整するのも良いだろう。中辛より辛めは青唐辛子が入るとのこと。

ランチだとナムルの3種盛りが付いてきてお得感が有った。スープ感が強くてご飯を入れても、お焦げができないくらい。生卵を割り入れてフーフー言いながら(狸は猫舌なので)食べていると、ちょうど良い感じの半熟卵の出来上がり。

先日、2度目に訪れたら、お弁当もテイクアウトも対応しDiDiやUberにも対応していた。

どんどん進歩し続けないと生き残れない、そんな空気をしっかり感じて帰ってきた。

©Tanu記

3月3日

昨日は3月3日。

『ひな祭りの日』だったり、『耳の日』だったり。マニアックなところでは『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両さんこと、両津勘吉の誕生日でもある。

両津勘吉 - Wikipedia

両さんは戦前~1970年代の生まれらしいから、80~50代というところか。

本題に戻すと、今日は狸はノー残業デーで早く帰れるし、ひな祭りでもあるし、ということで、ずずめに『買物帰りにちらし寿司でも食べて帰る?』とLineした。

すると『?』と、すずめ。しばらくしてから『あっそうか、ひな祭りか〜!』だって。義母さんのお誕生日でもあり、すずめの仕事先で『どうやって、ひな祭りっぽくアレンジするか』のハナシもしていたのに、自分の夕食(狸のも)のことは全くアタマに無かったようだった。

時刻はちょうど夕方の6時ごろ。駅近のお寿司屋さんを覗くと予約で満席で、テイクアウトのチラシも20分はかかるらしい。やっぱりみんな寿司を食べたくなるのかなぁ、非常事態宣言も解除されたしなぁ。

駅前の回転寿司にチラシは無いし、ね。

というわけで自宅に戻って、いつもどおりの夕食を食べよう。

そして食後に気づいた。しまったなぁ、別にちらし寿司にこだわらなくても、ひなあられや菱餅とか、そっちでひな祭り気分を味わうんだった、と。

明日、買ってこようかな。

©Tanu記

バッテリーを注文する

愛車のバッテリーが、かなり弱ってしまった。

いよいよ買い換えることにしたが今回は純正サイズより大きいものにしようと思う。

新車時の純正サイズは、38B19Lで、箱高・幅・長は202・127・187mmだ。取扱説明書を読むと、1サイズ大きな55B24L(長さだけ50mm長い)でもOK。

最近乗る頻度が減っているので、容量が大きく、また走っているときの充電(受電)性能が高いものにしよう。

乗らない間の暗電流は抑えられないから大容量化でかわして、短時間のドライブでもバッチリ充電して回復してもらおうという寸法だ。

純正サイズだと容量は28Ah(5時間率)だ。狙ってみたのはPanasonicのCaosシリーズ。能書きでは充電性能と容量が高い事になっている。

caos 標準車(充電制御車)用 【C7シリーズ】 | パナソニックカーバッテリー | Panasonic

純正サイズの大きい方だとN80B24L/C7というモデルが相当する。容量は46Ah(5時間率)なので、容量は60%以上アップするはず。

お値段は、38B19Lは著名メーカーのものでも3000円くらいからあるのに対し、Caosはクーポンを駆使して9000円くらいと3倍以上の差がある。

少々迷ったが安心して車庫に向かえるようになる気分の差は大きいと思って、奮発することにした。

納品までに少々時間がかかるようだが、交換するのが楽しみだ。

©Tanu記

ワクチンどうする?の、続き

『ワクチン〇〇万回分を積んだ航空機が、たった今ベルギーを出発しました』

などと報道が連日にぎやかだ。

一説によると、日本全体が免疫を得るためには、国民の70%以上が2回以上摂取しなければならないそうだから、この報道までに日本に届いたワクチンの量は、まだ目標のうちの1%ほどに過ぎない。

政府のロードマップでは6月末までに65歳以上の人全員に2回の接種を行うそうだが、順調に事が運ぶだろうか。ここ豊中市では65歳以上の人に3月末からクーポンが配られる予定とのことだ。

65歳・6月末にこだわるのは、7月23日の東京オリンピック開会までに、全てのお年寄りに免疫をつけておこうという目論見ではないかと、狸は考えている。

ワクチン接種について 豊中市

ということは、すずめと狸に順番が回ってくるのは、やはり夏頃となりそうだ。まぁ、早くてお盆休みくらいと思っているのがちょうど良いかも。

3週間ほど間を空けて2回接種後に、さらに3週間ほどしてから効果が発揮されるということだから、順調に進めば今年(2021年)のシーズンが始まる前には免疫を得られる予定かな。

オリンピックよりも海外旅行にいつ行けるのか、どんな条件が課されるのか、そちらのほうが気になってならない狸であった。

©Tanu記