120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを一記事500文字くらいで書いていこうと思います

2月なのに暑い?

2024年2月20日のこと。

『今日は季節外れ、4月から5月並みの暖かさになるでしょう』

と、天気予報で言っていた。

ふ〜ん。

試しに会社の昼休みに外に出てみると暖かいと言うよりは、湿度が高いのも手伝って、むしろ暑いくらいだった。

天気予報では最高気温は、21℃の予想だったが、これって、2月としては過去最高なのでは?

そう思って調べてみた。

当日の名古屋市の最高気温(速報値)は、21.6℃だった。

過去の記録を見ると惜しくも? 3番目。

そこまで高くは無かったようだった。

過去最高は、2016年バレンタインデーに記録した、23.5℃。

これはもはや暑く感じるかも。

www.data.jma.go.jp

1週間前の朝は、0.7℃だったというのに。

ところで週間天気予報では、3月の初めにかけて、また真冬並みの寒さが戻ってくるみたいだ。

油断していると寒暖差で体調を崩しそうだ。

新型コロナやインフルエンザも流行っているので気をつけよう。

©️Tanu記

デーツシロップ

先日、久しぶりに業務スーパーへ行ってきた。

名古屋に来てから、あまり行っていなかった。

たぶん、2,3回かな?

今回は少し郊外の方の店舗まで出掛けてみた。

店内を歩いていると、コーヒーなどが置いてある棚の近くに、いろいろなジャムやシロップが置いてあった。

そこに『おっ!』と言うものがあった。

サウジアラビアから直輸入された、デーツのシロップだ。

狸は乾燥デーツの実は、よく食べている。

細かく刻んで朝食のパンケーキに入れたりもする。

黒砂糖のような味わいが好きだ。

その実のシロップとは、どのようなものだろう?

興味が湧いてきた。

すずめが『買えばいいじゃない』と言うので買ってみた。

実と同じで色は真っ黒。

原材料は、デーツ100%で混ぜ物なしのよう。

家に帰って早速、明朝のパンに塗って試食。

とっても甘い。当たり前だが。

身近な味で言うと、黒蜜が、それに近い。

しかし、デーツの香りも、ちゃんとある。

バニラアイスやヨーグルトに混ぜるのも美味しそうだ。

500gで500円くらいだから、乾燥デーツを買うよりも安いくらいかな。

朝ごはんのオートミールに加えてみてみようかな。

©️Tanu記

バレンタインデー

2月14日はバレンタインデーだった。

狸世代の方々は、期待と不安の甘酸っぱい記憶が有る方も多いだろう。

狸が小学生の高学年の時には、すでにおませな女子たちはキャーキャー騒いでいた。学校の靴箱が気になったが、期待したものが入っていたことはなかったなぁ。

『バレンタインの日』は紀元269年から有ったそうだから、1800年近くも続いているのか。

さて、いつから日本ではチョコレートを贈る事になったのか?

狸は、きっと製菓メーカーのさしがねに違いないと思うが、その推測は概ね当たっている。

意外だったのは庶民的な製菓メーカーではなく、ちょっと高級な洋菓子ブランドが仕掛け人だったらしいということだ。

Wikipediaによると、神戸にあるモロゾフ(ここのお菓子は美味しいなぁ)が昭和11年に『あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう』という新聞広告を出したらしい。

これが日本の草分けだろう。

バレンタインデー - Wikipedia

日本の社会現象として定着したのは1970年代後半だそうだから、我が小学校のおませな女子たちは時代の最先端だったようだ。

それとは無縁の息子(孫)を不憫に思ったのか、祖母や母が毎年チョコレートをくれた。ここ4●年は、すずめが安定的にプレゼントしてくれるので幸せだ。

おっと、ホワイトデーのことを忘れてはいけないね。

©Tanu記

祝!H3ロケット試験機2号機の打上げ成功

2月17日土曜日朝食後。

YouTubeでのライブ中継は打ち上げ前から始まっていた。

関係者へのインタビューなども織り交ぜながら予定通りの打ち上げ時刻を待つ。

秒読みが2桁になると流石に緊張してきた。

メインエンジン点火。

H3ロケットは順調に速度と高度を上げて行き、いよいよ前回(初号機)鬼門の2段目に点火すると予定通り2段目は起動。

やがて衛星を予定軌道に投入。

制御室の関係者の皆さんが抱き合って喜んでいる画像が流れる。

エンドロールでは初号機の失敗画像から、2号機打ち上げまでの日々が流れていた。

狸もエンジニアの端くれという事もあり、技術的チャレンジへの思いはかなり強い方だと思う。

司会をしていた女性も涙声になっていた。

そんなことから思わず感動の、もらい泣きをしそうだった。

後の記者会見では衛星ペイロードの投入も完了し今回の実験は成功だったと。

https://www.jaxa.jp/press/2024/02/20240217-1_j.html

次はいつになるのかわからないが、初号機とともに指令破壊された”だいち3号”を打ち上げるのだろう。

日本の衛星ビジネスも軌道に乗って欲しい。

©️Tanu記

花粉症

今年も、その季節がやってきた。

すずめが、東京に仕事で行って帰ってきてから、どうも調子が悪い。

眩暈がしたり、咳が出たり、喉が痛かったり。

『風邪をひいたんじゃないの?』

ところがどうも違うらしい。

そう言えば。

すずめが帰ってきた次の日くらいから名古屋では、スギ花粉が飛散し始めたと言うニュースがあった。

狸は、アレルギーっぽい体質で、小動物やハウスダストに敏感。

年中、ティッシュが手放せない。

ところが、スギ・ヒノキの花粉には反応しない。

花粉症とは無縁なのだ。

すずめは逆で、日頃はティッシュを使うことは殆どないが、スギやヒノキには反応するのだ。

どうも今年は飛散開始が早かったようだ。

それに名古屋は大阪よりも飛散が早い?

熱が出ないだけで風邪と区別がつきにくい花粉症。

ゴールデンウイーク後まで、今年は長い不快な日々が続きそうだ。

日本でスギ花粉と無縁なのは沖縄だけだと言うから、退職後は2月から5月は移住した方が良いかもしれないね、と半ば本気で、すずめと話すのだった。

どうしようね?

©️Tanu記

H3ロケット打ち上げ再設定

ここ数日間、当ブログでは、H3ロケット打ち上げに関する話題が多いが。

期待しているのだ、今度こそ。

JAXAが最新日程を発表した。

https://www.jaxa.jp/press/2024/02/20240215-1_j.html

それによると、H3ロケット2号機の打上げ日と時刻は、2024年2月17日(土)午前9時22分55秒だそうだ。

当日の種子島の午前中の天気予報は晴れ時々曇り。

予想気温も10℃以上になって申し分ない。

週間天気予報では、これを逃すと、しばらくは、ぐずついた天気が続きそう。

束の間の晴れ間を突いて、ということになりそうだ。

当日は、もちろんライブ配信も予定されている。

fanfun.jaxa.jp

今回は、これで我慢して観戦応援しよう。

土曜日は寝坊しないようにね。

©️Tanu記

H3ロケット打ち上げ延期

機体などのトラブルではなくて良かった。

JAXAが2月13日に発表した。

それによると、2月15日に種子島宇宙センターからH3ロケット試験機2号機の打上げを予定していたが当日の天候悪化が予想されるため延期を決めたらしい。

https://www.jaxa.jp/press/2024/02/20240213-1_j.html

2023年3月に打ち上げられた1号機は、2段目のエンジンが着火しなかったため、打ち上げから約14分後に搭載した地球観測衛星『だいち3号』とともに指令破壊され失敗。

今回2号機には、1号機で破壊された『だいち3号』と同じ質量の『ペイロードVEP-4』を搭載する。

1号機と同じ飛行経路や軌道のコースに、このダミー衛星を投入し、H3ロケットの性能を検証する計画となっているそうだ。

www.rocket.jaxa.jp

今回は万全を期したいだろう。

別の報道によると、当日は大気中の静電気が多いことが予測され(つまり雷?)るので、搭載されている電子機器への影響も考慮したとか。

延期後の日程は、まだ未定のようだが成功を祈りたい。

打ち上げ、見にも行きたいな。

©️Tanu記