120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

乗りたいクルマ〜その2

乗りたいクルマには、もう乗っているじゃないか。それでもなお乗りたいクルマは、ということで、一番はPORSCHE911だ。

何が良いのかって、スポーツカーでありながら実用的。初代から変わらぬシルエットに時代に応じた技術を進化させていく姿勢に感銘を受ける。

また、スーパーカーが流行った中学生の時に、部屋に『PORSCHE930』のゴミ箱を買ってもらった(処分するんじゃなかったと悔やまれる逸品?)こともあり、PORSCHE=カッコいい、と脳にインプットされたかもしれない。

顔がカエルみたいだとか、空冷で前時代的だとか、床から生えているペダル類がVWビートルと同じでバスみたいだ、などとマイナス評価も有るが、太いリアタイヤと張り出したフェンダー、『260馬力』がカッコよかった。

『最新のPORSCHEが最良のPORSCHE』と言うが(まぁ、どこのクルマでも最新のモデルが最良に近いはずだが)、最新のPORSCHEは平凡なサラリーマンには手が届かない。では、というとこれ、997型の後期型のCarreraの6MTが良いなぁ。

ja.wikipedia.org

500万円くらいで売られているものが有るが、なかなかMTにお目にかからない。PORSCHEといえども日本ではAT(PDK)の方が、断然メジャーなのだ。

500万円のクルマを買って、1年1万km乗ったら買取価格はいくらになるんだろう?贅沢な夢かな?

©Tanu記

乗りたいクルマ〜その1

狸はクルマ好きだから、自動車評論家のように時間と予算があればありとあらゆるクルマに乗ってみたい。軽自動車から大型トラックまで何でも、である。

しかしながら、どちらも有限なので実際に所有してみたい、しかもS2000 は手放さないのを前提で、と言う観点での話をする。

実際のところ3年前に移動になる前の職場は車通勤が可能だったので、60歳からの5年間は毎年1台づつ乗りたい車を乗り継いで通勤してやろうと考えていた。

さて日本車は残念ながら二台目でも所有してみたいというクルマは今のところない。なので海外に目を向けてみる。

まずはドイツ車だ。ポルシェ911メルセデスAMG、スマートブラバス、BMWのMシリーズを候補に挙げる。フォルクスワーゲンのゴルフGTRも捨てがたい。

続いてイタリア車。フェラーリならピッコロフェラーリの328がイチオシだけど、さすがに現実的ではないか。では、と言うことでマセラティクアトロポルテ

フランス車はシトロエン2CV。イギリス車はクラシックミニ。

アメリカ車ならjeep、コルベット

色々あるけど、まぁS2000 が一番だから絶対乗らなきゃとならなくてもいいか、となるんだよね。次の記事の機会から、各モデルの魅力的なところを整理してみたい。

©Tanu記

訃報

高校・予備校・大学と同じ学校(学部は違うが)を歩んだ友人Kが亡くなった。聞くと昨年夏ごろに体の不調を感じたものの年末まで仕事をしていて、いよいよしんどくなって闘病生活に突入したが、原因が掴めぬままに先日旅立ったと。

Kは地元の公営病院で活躍後に独立、小さなクリニックを経営し順調に人生を歩んでいるかに見えた。大阪に来てからの狸の主治医でも有る。

『ずっと診てらわないといけないから長生きしてくれよ』と言っていたのに、なんとも無情で気持ちの整理がなかなかつかない。

昨夏に小さな異変を感じたときに、ほんのすこし休んでくれていたら、と思うとやりきれないものが有る。責任感が強いKのことだから、自身の患者さんたちを放って休むわけにはいかないと考えてのことだったろう。

ニュースで著名人の訃報を耳にすると、残念な気持ちとともに、とても焦る気持ちが持ち上がってくる。『このままサラリーマンを続けながら歳を重ねていて良いのだろうか』と。

www.lifehacker.jp

少なくとも体調の変化に気を配りながら、やろうと思っていることを先延ばしにしないようにしよう。今はただそれだけしかない。

Kのご冥福をお祈りします。合掌。

©Tanu記

バレンタインデー

昨日はバレンタインデー。

狸世代の方々は、期待と不安の甘酸っぱい記憶が有る方も多いだろう。

いつからチョコレートが主役になったのかは知らない。しかし狸が小学生の頃、高学年の時には、すでにおませな女子たちはキャーキャー騒いでいた。

『バレンタインの日』というのは紀元269年から有ったそうだから、今年は1750周年にあたる(はず)。では、いつから日本ではチョコレートを贈る事になったのか?きっと、製菓メーカーのさしがねに違いないと思っていた。

しかし意外だったのは庶民的な製菓メーカーではなく、ちょっと高級な洋菓子ブランドが仕掛け人だったらしいということだ。

詳しくはWikipediaに書いてあるので読んでいただければいいが、神戸にあるモロゾフ昭和11年に『あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう』という新聞広告を出しているらしいので、これが火付け役だろう。

バレンタインデー - Wikipedia

日本の社会現象として定着したのは1970年代後半だそうだから、我が小学校のおませな女子たちは、時代の先端に在ったようだ。

そう言うのとは無縁の息子(弟、孫)を不憫に思ったのか、祖母、母、姉がチョコレートをくれた。ここ●●年は、すずめが安定的にプレゼントしてくれるので幸せだ。

おっと、ホワイトデーを忘れてはいけませんね。

©Tanu記

思い出のクルマ〜インサイト、その14

メジャー?なトラブル

ラジエターファン交換

1年目?の点検のときに『狸さん、エアコンの効きが悪くなかったですか?』と聞かれた。なんとラジエターのところのエアコン用の電動ファンが回っていなかったらしく、保証で交換してもらった。以前書いたかもしれないが、狸はクルマのエアコンが嫌いでほとんど使わないので、気が付かなかった。

助手席側パワーウインド不調

助手席側のパワーウインドを閉めるときに、運転席側の倍くらい時間がかかるようになった。エアコンを使わない分、窓の開け閉めは頻繁にするので負担がかかったのかもしれない。延長保証で交換してもらう。

ブレーキペダルからの異音

ブレーキを踏んでアイドリングストップで止まっている状態から、発進するためにブレーキペダルから足を離すと『カチャン』と音がする。ブレーキ周りからの音は心配だから診てもらった。すると他のインサイトも同じような音が出ることがわかり、ペダルから足を離したときの作動音でしょう、ということで一件落着。

最後に足回りからの異音

最初に言うと、これは原因不明のまま治す前に手放した。症状は、限られた条件(エンジンが冷えているときに時速20kmくらいでアクセルを閉じる)で、軽いショックと共に左前から『コツン』と音がする。

店のサービスマンも同乗してショックと音を確認してくれて、ドライブシャフトやトランスミッションも交換してくれたが、結局治らなかった。

すべて保証か延長保証で対応してもらったので、費用はかからなかった。13万km以上走ってこれくらいだから、トラブルは少ない方だったと思う。

©Tanu記

思い出のクルマ〜インサイト、その13

長く、最低でも7年20万kmは乗るつもりでいたので、メンテナンスも気を使って行っていた。(つもり)

エンジンオイル交換

狸号の年間走行距離は25000〜28000kmで、半年ごとに点検に入っていたのでその都度エンジンオイル交換をしていた。銘柄はいつも一番燃費の良いオイルで!だった。オイルフィルターは1年に1回の交換だった。

Honda | 交換部品 | エンジンオイルの基礎知識

Honda | 交換部品 | オイルフィルター

標準の交換サイクルは15000kmだったが、狸号は走行距離が長いので『シビアコンディション』に入るかも?だったが、高速道路主体で痛みの少ない走り方なので大丈夫でしょう、ということで、13000kmくらいの周期で交換していた。

Honda | 交換部品 | シビアコンディションとは

トランスミッションオイル交換

インサイトトランスミッションCVTだ。標準の交換サイクルは40000kmでシビアコンディションでも同じ距離で、この距離に達するとメーター内に警告が出る。狸号はこの距離を守って交換したが、後述するトラブルでトランスミッション本体を交換してもらったので、自分では一回交換したきりである。

Honda | 交換部品 | オイル | フルード

  

次回、メジャートラブルに続く。

©Tanu記

思い出のクルマ〜インサイト、その12

13万km以上乗ったインサイトの燃費だが、少し前の記事で生涯燃費はJC08モードにあと一歩届かない、29.9km/リットルと書いた。

これはHondaが記録しているインターナビでの燃費なのだが、狸が独自に記録している、いわゆる満タン法(積算走行距離÷給油量の積算)ではカタログと同じ数字の30.0km/リットルを叩き出していた。

まだまだ頑張って乗るつもりでいた2015年に、満タンの燃料でどこまで行けるか考えた。インサイトの燃料タンク容量は45リットルで、これに狸号の平均燃費を単純に掛けると1350kmは走れる。

本州の南端から北端までは約1400kmだから、天気が良くて気温が高いけど高すぎない五月にチャレンジすれば、列島縦断の旅を無給油で行けるのではないか?と思いついた。これは凄い!と。

f:id:raccoonhouse:20190211211720p:plain

Hondaとタイヤメーカーとnexcoにスポンサーになってもらって、写真を取りながら1泊2日くらいで走れば楽しそうだ。よし、2016年のGW後に有休を取って決行しよう!と、考えるだけで楽しかった。

まぁ、その前に異動になってインサイトを手放してしまったのだが。退職して暇ができたら別のクルマでチャレンジしようかな。

©Tanu記