120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを一記事500文字くらいで書いていこうと思います

美味いもの

我が家にロシア父娘がやってきた!〜ロシア人ゲストの思い出その9

その餃子屋さんは確かにおいしい。 が、餃子しかメニューにないため若干不安も残る。またA氏・S嬢は箸が使えないのでフォークがないか聞いてみたが当然なくて、狸がコンビニまで走ってプラスチックのフォークとスプーンを買ってきた。 ロシア(ジョージア)に…

我が家にロシア父娘がやってきた!〜ロシア人ゲストの思い出その8

ロシア人ゲストの思い出ばなしの続き。 彼らは本当になんでも好き嫌いせずに食べてくれるので助かるのだが、昨晩のすずめが作ったボルシチと今日の”ボルシチ風スープ”(昨夜のボルシチを狸がリメイクしたもの)は、さすがにいっぱい食べてくれた。郷土料理が懐…

我が家にロシア父娘がやってきた!〜ロシア人ゲストの思い出その7

すずめの酒も強い従兄弟が偶然にも出張で近くまで来ていたので、A氏と一緒に酒でも飲んでもらおうと迎えに行く。彼が来るとA氏は嬉しそうに「ヴォートカ(ウォッカ)」を持ってきた。 日本酒も飲んでみたが、やはりお酒はウォッカが一番のご様子だ。すずめも入…

キートスのパン

パフェ号のミニツーリングで買って帰ってきた、京都のフィンランド仕込みのパン屋さん『キートス』のパン。 カリャラン・ピーラッカは178円。 フィンランドに初めて行った時に泊まったホテルの朝食バイキングに並んでいて、試しに食べてみたら美味しかったの…

パフェ号でミニツーリング〜キートスから複路編

キートスでお手洗いを借りようかと思っていたが、イートインスペースなどは全くない小さなお店だったので、途中のコンビニで借りようと思って走り出していた。 以前、京都市内のコンビニで『トイレはありません』みたいな張り紙を見たので、とりあえず京都市…

パフェ号でミニツーリング〜キートスから複路編

キートスに着いて心配だったのが『ズバリ!売り切れでしょう』。 『ご主人が一人で焼いている』的な小さなパン屋さんでありがちなのが、今日焼けたパンはすべて売れてしまいましたから閉店しました、という心配。 着いたら店内に全然人気がなかったので、心…

パフェ号でミニツーリング〜往路編

1時35分、気温は9℃ほど。走り出した。パフェ号は至って普通である。 狸は先日記事にした服装備に、自作カフェオレ、電気カイロ、フェイスマスクを入れたカンケンのバックパックを背負った。『キートス』でパンを買って入れて帰るつもり。 国道423号線(新御堂…

パフェ号でミニツーリング〜目的地編

行き先は決まっていた。 京都のパン屋さん『キートス』だ。屋号でピン!と来る方もいるかも知れないが、フィンランド仕込みのパン屋さんだ。 ある記事で知ったのだが、本場のフィンランド仕込みのパン屋さんは日本に2軒しかなく、そのうちの1軒は最近鎌倉に…

泉の広場

昨年12月にリニューアル工事が終了した『ホワイティうめだ』の泉の広場を見に行ってきた。 もともとファッションや雑貨に全くと言っていいほど興味がないので、今までどんな店が並んでいたかはおぼろげだが、今回のリニューアルで、ほぼ飲食店に入れ替わって…

純喫茶

大阪メトロの『「純喫茶めぐり」キャンペーン』のリーフレットに紹介されていた、なんばにある純喫茶の『アメリカン』に行ってきた。 昭和21年創業。お元気だった頃の、料理研究家の小林カツ代さんが記事にされていた店でもある。 www.junkissa-american.com…

ダイニングコーナーの効率アップ

ダイニングテーブルを買い替えたいと思った、と言うか、狸は随分前からダイニングセットを効率化したいと思っていた。 今使っているダイニングセットは、栃木で戸建てに引越したときから28年使っていて、ガタは来ていないが、傷や擦れが目立ってきて、すずめ…

市場に行く〜仲卸店編

ターレの話だけじゃなくて、仲卸の話も。 今回は、せりなどが行われているブロックは見れないが、仲卸店(魚屋さんや寿司店などが買い付けに来る)があるブロックが一般公開されて、見学したり買い物ができたりできる様になっていた。 テレビで見たことがある…

夜の空港

東京(羽田)まで飛行機に乗った。 年末の家事を済ませてからと思って最終便に席を取っていた。家事が早く終わったのでチョットのんびりしようと早めに空港に移動した。 空港ビルのリニューアル工事が進められている大阪国際空港(伊丹空港)だが、いつも駆け足…

クリスマスケーキ

昨日はクリスマスイブだった。 どこのケーキ屋さんも満員御礼だ。狸の会社の近所の間口が1間ほどの小さなホームメイドケーキ屋さんにも店の外まで行列だ。 帰り道、所要があり新大阪に立ち寄った。新大阪駅ビル内に一つだけあるケーキ屋さんの前はご覧の通り…

おじいちゃんとパン〜絵本

最近好きになった『おじいちゃんとパン』という絵本が有る。 pie.co.jp ストーリーは著者や出版社に失礼なので詳しくは書かないが、ごく簡単に書くとパン好きの甘党なおじいちゃんと、その孫の『ぼく』の心温まる交流の話である。 すずめが知っていた、北大…

冬至

昨日12月22日は冬至だった。 ご存知のとおり一年のうち昼間が一番短い日。 ところが日没が一番早い日と日の出が一番遅い日は別だ。日出没時刻は太陽の上端が地平線と接する瞬間を、大気による浮き上がり分を考慮して計算されているので、これにより冬至が日…

プリンが食べたい

夕食後に、ネットのニュースを見ながら、すずめと他愛もない話をしていた。ニュースにプリンの話が載っていた。 rocketnews24.com急にプリンが食べたくなった。狸は甘党なのだが最近洋菓子類をたくさん食べると胸焼けがするようになってきて、プリンからはし…

高級車を眺めながらお茶を飲む〜その2

『BorCafe』(ボルカフェ)の続き。 箕面市のBorCafeはこだわりのコーヒーが楽しめるカフェです 狸が行った時に有ったのはフェラーリF488PISTAだったが、過去には何回か入れ替わっていてランボルギーニアヴェンタドールだったのは、随分前のようだ。 トピック…

高級車を眺めながらお茶を飲む〜その1

先週末に『久しぶりにカフェに、お茶行きたいねー』と言ったら、『ねぇ、スーパーカーを眺めながらゆっくりお茶できるカフェがあるよ』と、すずめがスマホで探してくれたのが箕面市の『BorCafe』(ボルカフェ)だった。 箕面市のBorCafeはこだわりのコーヒーが…

和楽路屋(わらじや)(たこ焼き)さん@千里中央

大阪北摂、千里中央のセルシーの地下食堂街に『和楽路屋(わらじや)』さんという、たこ焼き屋があった。 過去形なのは、狸が小学生のころ1972年に開店して以来47年間ずっと、お馴染みだったが、セルシーの建て替え計画に従って今年の8月末で閉店になったから…

浅草あたり

古新聞になってしまったが10月の終わり、東京モーターショウのついでに、おもちの家に泊めてもらって、翌日浅草までブラブラ歩いた。 栃木に住んでいて、おもちが中学生くらいのころに、なぜだったか忘れたが浅草に行って浅草寺の仲見世通りを歩いたことがあ…

梅田クレープ・ド・ココリコ(crepes de cocorico)

先週末に結婚記念日のディナーのために(結婚式を挙げたところのディナーが終生特別料金らしい)おもち夫婦が東京から帰省?してきていた。 おもちが大阪で過ごしたのは7年間で、栃木での18年半に比べると短いが、青春時代を過ごし、親(すずめと狸)も祖父母(す…

いい夫婦の日

11月22日(金)は『いい夫婦の日』だった。 毎年すずめに感謝のメールをしたりしている。 11月23日が結婚記念日の、おもちとコーラ夫婦が今年も結婚記念ディナーのために帰省してきたので、こっちはこっちですずめと何か美味しいものでも食べに行こうかとメー…

ミルキー〜大吉12ペコ

すずめとお出かけをした。遠足気分でおやつが欲しいと言っていたら、すずめが百均で買ってきてくれた。その中にミルキーの小箱(7粒入り)があった。 久しぶりにミルキーを食べていて、ふと思い出したようにミルキーの包み紙の話になった。 にゃんことおもちが…

600記事のお礼&誕生日パーティー

ここ1ヶ月以上モスクワ旅行の話をダラダラ続けていたが、昨日で一区切りついた。と思ったらちょうど600記事になっていた。 ほんと、ライフログ以外の情報が殆どない当ブログを、長らくお読みいただいてありがとうございます。これからもダラダラと続けてまい…

モスクワ旅行その後〜その1

モスクワ旅行から戻ってきてK君両親が渡してくれたお土産を開けてみた。するとロシア料理が映える花柄のお皿のセットだった。なるほど割れ物で、しかも重たいわけだ。 早速すずめがロシア料理を作ってくれる。ボルシチは我が家では良いビーツが手に入ると作…

フードコートでお昼ごはん〜モスクワ旅行5日目その2

K君の家の近所に小さな商店が寄り集まったようなスーパーが有るというので行った。すずめはここで蜂蜜を購入。試食したらとても美味しかった。 スーパーの中に小さなフードコートがありモスクワに来てから食べたようなメニューが並んでいた。ボルシチ・ヒン…

お茶の時間〜モスクワ旅行4日目その3

K君の家の最寄り駅について階段を上がっていくと、K君が待っていた。ここから彼のマンションまで徒歩5分ほど。ところで、この駅で数年前に自爆テロがあったということだ。慰霊碑があり地下鉄のセキュリティが厳しいのにも頷けた。 広い道は街路樹が紅葉して…

卵に黄身がない? 割れチョコ〜モスクワ旅行4日目その1

4日目の朝である。 今日も中国の団体さんはでかけたかな?という時間まで待って朝食バイキングに出かける。国慶節のお休みも終わったからか、幾分空いている気がする。 今日は狸の希望に沿ってK君がモスクワ地下鉄の案内をしてくれるという。楽しみだ。 ココ…

アゼルバイジャン料理〜モスクワ旅行3日目その4

悪徳ポリスの悪口を皆で言い合いながら、ショッピングモールに遅い昼ごはんを食べに行くことになった。 『美味しいステーキハウスが有るよ』とK君『日本にも有ったはず』。狸はそのレストランの名前を日本では聞いたことがなかったので、忘れてしまった。結…