120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

こども

クリスマス強化月間

12月になった。 今年はハローウィンの次の日(11月1日)に梅田に行ったら、もぅクリスマスソングが流れていて『いくらなんでも早すぎないか?』と思っていたのが、あっという間に12月になってしまった。 ショートショートの神様?、故、星新一さんがエッセイの…

思い出のクルマ〜ACTY STREETその2

このクルマでは色々なところに出かけた。 中でも一番思い出深いのは、北海道へ悪友と2人で放浪?の旅をしたことだった。予算の関係上、宿に泊まるつもりは最初から無くて、暗くなったら良さそうな公園の駐車場に停めて寝る。もぅ35年くらい前の話で、警官に…

1970年のこんにちは

本棚を見ていたら、この本を見つけた。 懐かしいなと手にとって見ると1970年はこんなにも昔だったのかとビックリする。そりゃもう48年も前の事だから、当たり前だけど。 当時、狸は小学生だった。もう少し大きかったら、展示物の説明などがわかることも多く…

お月見

今日は中秋の名月 ここ、大阪では今夜はお月さまは見えない。 にゃんこやおもちが小さい頃は、栃木県の田舎に住んでいたので、いたるところにススキがあって、平日にすずめがこどもたちと取りに行っていた。空を見上げて星を見たりする行事には、狸も力を入…

じゃんけんハイキング

中学3年のときである。 部活は高校受験のため建前上の引退。今日は塾もないし、そんな日の帰りに自然発生的に始まったのが『じゃんけんハイキング』だった。 いつも、うだうだ話をしながら帰る、4,5人のグループだった。始まりのきっかけは、もうすっかり忘…

台風に関する思い出

台風で特に印象に残っていることがあるか?というと、今回の21号台風ほど印象に残るものではないが2,3ある。 1つめ 幼稚園の頃、大阪南部の街に父の会社の社宅があり住んでいた。今思うと小さな2階建ての社宅が並んでいて、社宅に囲まれた広場があった。 あ…

回らないお寿司はいかが

今年の狸の夏休みは、お盆を含む一週間だった。 狸と同世代の方は独立している子世帯が帰省してきて賑やかだったという方や、若い方は帰省して久しぶりに親のスネをかじってきたという方もいらっしゃるだろう。 狸のところには関東にいる、にゃんこファミリ…

力が強いね!

新生児の手に物を掴まらせると、ギュッと握って離さない。これは動物の母親が、こどもがしがみついたまま走ったり、木から木へとジャンプしたりしても、こどもは落ちない、その能力が人間にも残っている原始反射(手掌把握反射)なのだそうだ。 狸の孫が遊びに…

◯レンジャーはすごいけど、パパはいいなぁ〜ある企業の夏祭り〜続編

昨日の記事の続きの話になるが、その企業の夏祭りに、◯レンジャーショーが企画されていた。 開演時間の前から陣取って、今か、今かと固唾を飲んで待っているチビッ子たち。大歓声とともにショーが始まると、あっと言う間に舞台に引き込まれていく。 ピンチを…

青い空白い月〜Midday-moon

いやぁ暑い暑い。ここのところ大阪の最高気温は連日体温超えである。そろそろ勘弁してほしい。 休みの朝にちょっと近所に出掛けた帰り道で月が見えた。まだ湿気が多くないのか空は綺麗な青だった。その青い空の中に半分融けたような白い月が浮かんでいる。こ…

花火大会

花火大会は日本の夏の風物詩。最近は花火大会を見るために日本に来る観光客も多いらしい。海外にも花火大会はあるが、日本のとは力の入れ方が違うようだ。 曰く『何万発』『長さ何メートルのナイヤガラ』などだ。加えて細かな演出が良いのだという。上空の風…

思い出のモーターサイクル〜Z50R

栃木県に住んでいて、にゃんことおもちが小学校の中学年になったころに、Hondaのツインリンクもてぎに『親子でバイクを楽しむ会』というのがあるのを知って、子どもたちとモーターサイクル教室に通った話は5月28日に記事にしているが、ちょうどその頃に、こ…

ビーカー

我が家にビーカーがある、というかあった。『あった』というのは、先の大阪北部地震で、このビーカーとガラスのコップ1つが倒れて、ヒビが入ってしまったからだ。 このビーカーは実験室などに普通に見られる50mlのもの。今は同じようなものを買おうと思えば…

腸炎になりました

昨夜から、どうもお腹の調子が悪い。にゃんことおもちに『狸に毒味をさせても意味がないよな』と言われるくらいお腹は強いのだが、どうも何かに当たったらしい。 高校生の頃までは体が弱い方で、よく風邪をひいたり熱を出したりした。姉は丈夫だったので、狸…

孫は可愛いか?

三連休を利用して、にゃんこがこどもを、つまり孫を連れて出張のついでに我が家に立ち寄り、のんびりと羽根を伸ばしている。 孫ができたというと、よく聞かれるのは『お孫さんは可愛いでしょう?』であり、よく聴こえてくるのは『目の中に入れても痛くない』…

七夕

今宵は七夕。大阪メトロ御堂筋線に乗り入れている北大阪急行電鉄の終点、千里中央駅で『七夕列車』という、かなり気合の入ったイベントが有り昨年出掛けてみたら、なかなか楽しかった。 今年は浴衣を着ていくと、電鉄の記念品をいただけるというので更に行く…

カーオーディオのボタン

ピッ、ピー、ピンポン♪の記事を書いているときに、以前乗っていたクルマのことを思い出した。ホンダのビートと言うクルマだ。このクルマはいわゆるバブルの時代に生まれたので、当時のモノとしては、結構凝った作りをしていた。 オーディオも当時の他のクル…

ピッ、ピー、ピンポーン♪

駅でのことだった。3歳くらいの男の子が大きな声で泣きながら喚いていた。『あぁ、わがまま言われて、お母さんも大変だなぁ』と思いながら通り過ぎようとすると、彼が『押したかった〜! ´д` ;』と言うのが聞こえた。 『これは聞き捨てならん』彼の主張を聞…

親子でモーターサイクリストを楽しむ

モーターサイクリストを楽しんでいる御亭主の悩みは『いかにして家族を引き込むか、理解を得るか』というものが多いのだという。休日に女房・子どもを置いて一人で仲間と、またソロで走りに行くと『背中に冷たい視線を感じる』とか、ツーリングから帰ってき…

太陽を追いかける

朝日が昇るのを見に行ったり、夕日が沈んで行くのを眺めていたことはないだろうか。日の出は標高が高い方が早く見られる。北摂の池田市に五月山と言う山があり、狸が20代の頃、元旦に山頂の霊園駐車場にモーターサイクルで初日の出を拝む集まりがあった。…

この木なんの木

狸と同世代の方ならば『♪この〜きなんのききになるき♫』の歌は、知らない方は少数派ではないだろうか。言うまでもなく日立グループのテーマソングである。 日立の樹 この木なんの木 歌詞付き - YouTube 週末の終わりを感じて胃が痛くなる方もおられるかと思…

加古里子(かこさとし)さんをしのぶ

先日、加古里子さんが亡くなった。90歳を過ぎてもなお、衰えない創作意欲を持たれていたという。元気に退屈しないで前向きに生きるには?と考えながらこのブログを書くことになったわけだから、とても良い先生を亡くしてしまったと思っている。 すずめは膨…

ハンダ付け

小四の時に「子供の科学」誌に載っていたラジオを作ってみたい、と父にねだったら、父なりに「初めての電氣工作には難しいだろう」と思ったのか、トランジスタが1つか2つの簡単なラジオのキットと、ハンダごてを買ってきてくれた。 最初は父がほんのちょっ…

獅子座流星群

2001年の秋に獅子座流星群の33年ぶりの大発生があった。我が家はアッシャー博士の理論を信じて、一般的な極大予報ではない日に、小学生だったにゃんことおもちを休ませ、東北の山間部のキャンプ場のロッジを借りて観に行った。 しかし、あいにくの曇天…