120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

栗きん豚(くりきんとん)〜修正版

スペイン政府公認のイベリコ豚という美味しい銘柄が有る。中でもドングリを食べて育つ10%は最上級とされる。所は変わって近畿の丹波地方、おいしい栗が取れるが、かなりの量が出荷基準に満たず廃棄されてきたという。

ドングリを食べて育った豚がそんなに美味しいなら、ドングリよりも美味しい丹波栗を与えれば、もっと良い豚になるに違いない。

と、農業試験場の研究者が思いつき、栗農家、養豚農家とタイアップして生まれたのが、この丹波栗を食べて育った豚、通称「栗きん豚」だそう。旨味がましましで、とても柔らかいのが特徴とのこと。残念ながら、丹波に食べに来ないと食べられない。

丹波市内に食べられるところは数カ所有るようだが、NHKで紹介された料亭旅館大和に行ってみた。(要予約)(http://tanbayamato.jp/

f:id:raccoonhouse:20180424203026p:plain 豚しゃぶしゃぶ

確かに旨味があって脂が美味しい、柔らかい。そして臭みがない。すずめの高齢の両親にも喜んでもらえた。

f:id:raccoonhouse:20180424204727p:plain 豚カツ

しゃぶしゃぶで食べられるのに勿体無い気もしたが、厚切りにした豚カツがまた美味しかった。脂身も多いが胸焼けしなかった。

f:id:raccoonhouse:20180424203418p:plain ご主人

店のご主人は、大阪で修行された後こちらで料亭に入られている。地元のサッカー団体のボランティアも勤めていて、なでしこジャパンのメンバーがこの料亭旅館に止まったこともあるそうだ。(写真を見せてもらった)

f:id:raccoonhouse:20180424203921p:plain 場所

車だと舞鶴若狭道の春日インターで降りて大阪から2時間弱か。大和の脇には小川が流れていて、ここが日本一標高の低い分水嶺なのだそう。ご主人も雨の半分は日本海に、もう半分は瀬戸内海に流れていく、と話していた。

豚肉だけ入手して帰りたい、と言う向きには「スーパーサンウエキ」(丹波市春日町黒井2126)で売っているので、立ち寄ってみてはいかがだろうか。

5月2日改訂

神戸新聞WEB版(4月27日)によると、上記スーパーサンウエキが4月11日を最後に閉店?した模様のため、店頭販売しているところは無くなった。残念。

©Tanu記