120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

思い出のクルマ〜ステップワゴン、その2

ステップワゴンは1996年5月8日に発表、10日に発売された。

STEP WGN

狸はBEATで通勤していたので、このステップワゴンは、すずめとにゃんことおもちが主たる利用者だった。

にゃんことおもちは、通園バスなどのない小規模な幼稚園に通っていたのですずめが毎日(たまに狸も)送り迎えをしていた。すずめは小柄なので、すずめが運転しているステップワゴンを後ろから見ると無人の自動運転車のようだった。 ^^

ステップワゴンのキャッチコピーの『こどもといっしょにどこへいこう』通りに、こどもたちがキャンプ適齢期でもあり夏はキャンプへ、冬はスキーへ。北は宮城県から西は広島県まで、ずいぶん走った。

遊びに行くときも帰省のときの荷物も考えなしに積み込めてよかった。8人乗りだったので、帰省したときも両親も一緒に乗れて満足だった。

大きくて重いので、やはりその分ガソリンは喰った。狸の通勤と合わせて月に200リットルくらい消費したこともある。車社会の栃木ならでは、である。

f:id:raccoonhouse:20181230121237p:plain

これだけ活躍したステップワゴンだが、全体が写っている写真がほんの2,3枚しかなかった。この写真は我が家に高校の交換留学生がいたときの写真で、ステップワゴンを購入して4年目になる。

バンパーが黒だったりグリルのメッキが少なかったり、現代のミニバンからするとずいぶん質素だった。

約4年乗って10万km近く走ったところで、次のクルマのストリームにバトンタッチした。

©Tanu記