120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

思い出のクルマ〜ステップワゴン、その1

1995年の秋、第31回東京モーターショーに出掛けた。

www.tokyo-motorshow.com

お目当てはHondaから出ると噂のステップワゴン。そろそろミニバンがほしいと思っていたが、前年に発売されたオデッセイは200万円を軽く超えてしまい、普通のサラリーマン+こども2人+家のローンの狸家にはちょっと高かった。

噂では売れ筋モデルは200万円をギリギリ超えないという、ステップワゴンが見たかった。N社やT社やM社のミニバンも見に行っていたが、200万円の予算ではイマイチ触手が動かない内容のだった。

その年の東京モーターショーは託児を受けていて、朝会場入りしてお昼ご飯まで、にゃんことおもちを預かってもらった。

この場でステップワゴンをすずめと見て、是非欲しいと思った。リアのコンビネーションランプの造形や車体色の紫っぽい青色が気に入った。またスライドドアが左側だけなのも丈夫そうで良かった。

このときにS2000の遠い先祖?のHonda SSMを見たのも何かのご縁だったかもしれない。

ホンダ・SSM - Wikipedia

早速すずめと相談して『あのミニバンを買おう』となったが、会場ではいつ発売になるかは教えてくれない。『来年の初夏頃でしょうか?』という噂もあったので、1996年の年明けに販売店に行くことにした。

会社の友人が、栃木県のHondaの販売店で一番売っていて全国でも五指に入るというセールスマンを紹介してくれたので、その人に話を聞いて予約をしてしまった。

さぁて、早く発売されないかな。

©Tanu記