120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

梅雨の晴れ間の、カブのち晴れ(ハーレー)

今日は梅雨入り後初の中休み。よく晴れ、大陸性気候のような爽やかな天気だ。すずめが『HondaのREBELに乗りに行く』と、レンタル819を見ている。待てよ、東淀川のドリーム店にREBEL250の試乗車が有ったはず。

で、朝食後ドリーム店にすずめのスーパーカブに2人乗りでお邪魔。REBEL250と500の両方が試乗車として並べられていた。

f:id:raccoonhouse:20180609194016p:plain

銀が250、赤が500である。赤は500専用色なので、500は赤が人気なのだとか。

試乗車に乗ると余りの出来の良さにびっくりだ。250は単気筒なのにアイドリングくらいの回転数でギクシャクせずに走れるし、3速までならそこから楽々加速できる。振動は少ない、クラッチは軽い、吹け上がりはストレスフリー、ブレーキもよく効くし、倒し込みもスムーズ、ニュートラルもカチッと出る。イマイチだったのはポジションで、ちょっとハンドルバーが前すぎる。少し手前の上方にするか、ステップを少し後ろにして欲しい。500はこれに加えて力がある。ツインらしい中低速のトルク感も有る。挙動は250よりは重く感じるけど、楽勝。883に乗っているのが馬鹿馬鹿しく思えるくらいだった。

帰宅するとすずめが『883にも乗れる気がする』。少し郊外の車通りの少ないところまでスーパーカブと883で走って行き、乗員交代。乗れた乗れた。良かったねぇ。

今日はすずめが110から883までステップアップ。梅雨の晴れ間の、カブのち晴れ(ハーレー)だった。

©Tanu記