120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを一記事500文字くらいで書いていこうと思います

狸、濡れ狸になる

今年は長い梅雨が続いている。

先日の会社の帰り道。天気予報は曇りだったので傘は持っていなかった。

念の為に見た『高解像度レーダーナウキャスト』も、狸が電車から降りるころには、にわか雨も止んで歩いてスーパーに寄って帰れる予想だった。

駅を降りると雨はほぼ上がっていてポツリポツリと落ちているくらいだった。

すずめに電話すると『今日は買い物しなくていい』だったけど、せっかくだからと歩きはじめた。だが行く手の雲は、またまた降り出しそうだった。

もう一度ナウキャストを確認したが大丈夫そう。

まぁ大丈夫かな??と100mほど歩いたら雨が強くなってきた。急いで地下通路の入り口まで走って行って、しばらく待つが雨は強くなるばかりだ。

仕方ないなぁ、と、またまたナウキャストをみると『しれっ』と強雨の雨雲を出現させていて、しかもその雨雲が抜けるのは50分後だという。

さすがに帰宅が1時間遅れるのは嫌なので、駅に戻ることにしたが景色が白く見えるくらいの強雨。100m走る間に、びしょ濡れになってしまった。

結局、300円ほど追加して電車ルートで帰宅。歩いて帰るのと同じくらいの時間で着いた。車内の空調で濡れた服も乾いた。家の近くでは道路は濡れていなかった。

ナウキャストと観天望気、どちらを信用するか悩ましい。おっと、地味だけど折りたたみ傘を鞄に持つのが一番確実だね。

©Tanu記