120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

1969年7月20日

狸世代の方々はこの日のことを覚えている方も多いだろう。今から50年前のこの日にアポロ11号が月に着陸した記念の日だ。

(厳密には7月20日20時17分(UTC)なので日本時間は7月21日朝5時17分)

ja.wikipedia.org

当時小学生だった狸は、夜から始まった特集番組を父親がこの日のために?買ったカラーテレビにかじりついて、アポロ11号の様子を固唾を飲んで見守っていた。夜更かしを良しとしない両親も、このときは大目に見てくれた。

ちょうど夏休みが始まった日だったのも小学生には都合が良かった。21日は月曜日だったと思うのだが、父親はそのまま会社に行ったんだろうか。

あのモーレツ社員が平日に病気でもないのに会社を休むと思えないので、少し仮眠してから出かけたんだろう。父も40代で、まだ若かった。

そうして21日のお昼ごろに記念すべき第一歩が踏み出された。小学生の頭では、その年に買ってもらった天体望遠鏡で月着陸船が見えるかも知れないと、その夜に一生懸命眺めたのを覚えている。

あれから50年、自分も宇宙旅行に行けると信じていたが、どうやらそれは無理なようだけど、小惑星の石を日本の探査機が持って帰ってくるような時代を目の当たりにできて良かったと思うのだ。

©Tanu記