120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

思い出のクルマ〜ロゴ

トレーラーに踏み潰されそうになってBEATを手放したあとに、通勤用に買ったのがHondaのロゴ(LOGO)という車だ。

ホンダ ロゴをマイナーモデルチェンジ装備充実の新タイプ“スポルティック”も新発売

通勤で深夜早朝の国道バイパスを走るルートだったので、次は軽自動車ではなく普通車で通勤したかった。

ちょうどコンパクトカーが流行り始めたころだったが、Hondaには特筆すべきモデルがなかったように思えた。そんなときに個人売買で入手したのがこのクルマ。人気があるモデルでもなく、半年ほどしか乗っていない車を埼玉県の人から安く譲ってもらい、狸家初の普通車2台体制に移行した。

f:id:raccoonhouse:20190102215416p:plain

購入してみると内装はチープだし、あまりにショボいオーディオ(スピーカーが一つのAMラジオ)をステレオに変えて、アームレストを付けて、リアのトノカバーを付けて、アルミホイールを付けて(土地柄、スタッドレスタイヤが必ず必要なので)、何とか普通の?車並みになった。

購入時はガソリンが¥100/リットル未満の時代だったが、通勤に使うと最初は15km/リットルくらいだった。ここで俄然燃費走行に凝りだして、タイヤの空気圧や走り方、通勤経路も色々トライして、最高燃費18.4km/リットルまで伸ばして、カタログモード燃費を超すことができた(いずれも満タン法による計測)。

『Hondaにこんなクルマが有ったっけ?』というくらい影の薄いモデルだったが、2年で44000km走り、平均燃費は17.1km/リットル、トラブルはパンクが一度だけという優等生だった。

ちょっと違うクルマに乗りたくなって、2年1ヶ月で売却した。

©Tanu記