120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

12月・忘年会・クリスマス

12月は何かと忙しい。今年も、12月のはじめから、

お謡の発表@京都〜寒かった

高校時代の同級生とクラス会&遠足@北摂地区〜天気が良くて遠足は暑いくらい

学生時代からのツーリング仲間と忘年会@梅田〜メンバーも減って4人だけ

すずめのお誕生日@某ホテル&映画『ボヘミアン・ラプソディ』鑑賞

職場全体の忘年会〜食べられないメニューだったので不参加

栃木時代の同僚とのクリスマス&忘年会

その後栃木に住んでいる高校の同級生と忘年会

1月に異動していく若者の壮行会

職場のグループの忘年会〜風邪を引いて不参加

第35回大学時代の学科クラスの忘年会

とまぁ書いてみると、こんなに有るのかというくらい目白押しだ。入社した頃から『休日も休まず遊ぼう』をモットー(のひとつ)にしてきたが、本当に遊んでばかりだ。

そして年末年始は、昨年からにゃんことおもちとそれたちのツレのギターとコーラ、そして今年は孫が増えて帰省して来るから大忙しだ。

こどものころから、クリスマスから年明けが好きだった。色々もらえることも有るが、街中がワサワサ忙しげに動くのが楽しかった。

にゃんことおもちがちいさいころには、サンタさんからプレゼントが来るのは小学生の間までだと言い含めていた。

毎年12月25日の朝は早起きしてクリスマスツリーの根本にプレゼントが置いてあるのを見つけ歓声を上げていた。狸は狸寝入りして、その様子を伺うのが幸せだった。

もう何年かすると、にゃんことおもちの家庭でも同じ光景が見られるのだろうか。

©Tanu記