120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

バンパー交換

バンパーを交換した。と言ってもS2000をどこかにぶつけたわけではなく、自分のiPhone用の衝撃吸収のケースである。狸家が携帯電話を持ったのは1996年だから世間的には早い方だった。その後ずっとガラケーで、2012年にsimフリータブレットを買い、格安simガラケーで過ごしていた。

2年前、すずめが業務上の必要性からスマホが欲しいと言い出し、にゃんことおもちがiPhoneだったので、必然的に我々のスマホデビューもiPhoneになった。ガラケーのときはタダで頂いた端末だったので、狸のガラケーは扱いも雑で傷だらけ。

ところがiPhoneはお高いので傷だらけにはしたくないし、落とすと画面が割れそうなので、ストラップホール付きのバンパーを選んだ。それが2年で傷んでしまったのだ。

f:id:raccoonhouse:20180601214541p:plain

左が新品。バンパー部分の変色がわかるだろうか。にゃんこのツレのギターの説によると、スマホの平均的耐用年数は2年ということらしい。バンパーの耐用年数もうまく合わせているということだろうか。スマホに変えてから職場が変わったせいか、走らなくなったせいか、一度も落としていない。

安全デバイスは「役に立って良かった」と言うことが無いほうが良い、ヘルメットやエアバッグも同じである。

©Tanu記