120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

野間の大けやき

端っこ探検で大阪府の端っこを訪ねてみると『大阪も自然が豊かなところだった』と気付かされることが有った。この『野間の大けやき』もその中の一つである。中学か高校の頃だったか、地図を見るのが好きだった。天文だのアマチュア無線だのという趣味のせいもあったが、ただ眺めて色々な地名や施設を見るのが単純に好きだった。

f:id:raccoonhouse:20180517211228p:plain

大阪府北部を見ていると『野間の大けやき』というのが目に止まった。高校時代の友人がこの近くに住んでいたことも有ったが、何度か見に行って、最近はすっかり忘れていた。久しぶりに地図を見ると、能勢町立のけやき資料館ができていた。国の天然記念物に指定されているので、見に来る人もいるのだろう。ここに書くまでもないが、このけやきは、数え方によっても違うが日本でも五指に入る巨木。樹齢も1000年くらいと言われていて、毎年初夏にアオバズクが営巣するらしい。狸は大阪北部に住んでいるので、往復50キロくらいで、ちょっとツーリングにちょうどいいところにある。

f:id:raccoonhouse:20180517212539p:plain

手前に写っているライダーの方と比べると、この木の大きさがわかるだろうか。西日本では最大のけやきの木が大阪北部にある。見に行ってはいかがだろうか? ちょうどアオバズクがいるかもしれない季節でも有るし。

©Tanu記