120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

歩け歩け

狸は何度か転勤を経験している。2年ほど前に今の職場に流れてきた、と言うか流されてきた。今までの職場は事業所自体が広かったり、仕事で歩き回ったりするところだったので、車での通勤だったが、よく健康の目安にされる『毎日一万歩』は軽くクリアしていたので、週末には逆に足を休めたほうが良いくらいだった。

今の職場は事業所がこぢんまりしている上に、自分の仕事が事務職に近いものなので下手をするとトイレと食事の時以外は歩かない日も有る。転勤してきた途端に半分以下の5千歩になってしまった。通勤は自動車やモーターサイクルはNGになってしまったので、乗り換えで歩く駅を選んだり、通勤時間が変わらない範囲でちょっと遠い駅から歩くように変更した。1時間以上座り続けると旅行者血栓症(いわゆるエコノミー症候群)になる危険性が出てくることに加えて、寿命自体も低下するとの記事を読んで、1時間に一度は階下のトイレまで行くようにしている。

f:id:raccoonhouse:20180511215234p:plain

そうすると、一日はこんな感じ。7〜8時と18〜19時に通勤の歩数の山が有って、会社にいる間はトイレまでの歩数くらい。今日は退社後ちょっとお出かけしたのでもう一度歩いている。週末にすずめとそぞろ歩きに出かけるとよく歩くのだが、モーターサイクルに乗る日はいただけない。

f:id:raccoonhouse:20180511215923p:plain

ひと目で分かる。病気で寝込んでたのか?と間違えるくらい歩いていない。他の日は最近の健康に良いとされる『8000歩』をギリギリクリアしているのに。クルマやモーターサイクルに乗り続けるためには、モーターサイクルに乗らないで歩かないといけないという、難しい問題をクリアしなければいけないようだ。困ったな。

©Tanu記