120歳まで生きるとすると?

「まだ人生半ばじゃん」と気付いたいま、 120歳まで健康で退屈しないためには何をすればいいのだろう? そんなことを書いていこうと思います

北欧歴訪〜フィンランド・スウェーデン・アイスランド #1初日

海外旅行は何歳まで行けるのか。御年80半ばのすずめの御両親は、70後半まで海外旅行に出かけていた。

すると後20年くらい? 欧米は遠いから早く行っておかないとしんどくなるよね、て事で頑張って年に1回は海外に行きたいと思っていた。

今更だが狸はExecutiveでもない、ごくごく普通のサラリーマンである。予算は限られている。そこへ今回の旅は、

1.アイスランドで地球の裂け目『ギャオ』を見る

2.国際航路で港から出入国したい

3.仕事を休めるのは最大5日、土日を入れて9日までの日程

という条件を入れ込もうとしたから大変だ。

折しも「て●みくらぶ」事件の直後だった。旅行社探しは慎重にせざるを得ないが、アイスランドへのツアーを持つ旅行社は数社しかなかった。(何年か前にハワイへ「て●みくらぶ」ツアーで行ったがコスパが良くて感心した)

サイクルツアー社の土曜発土曜帰着の6泊8日、現地ガイドなし、乗り換え・チェックインは自力でと言うツアーになった。しかし全ての手続きはメールでokというのも便利だが不安でも有る。

ヘルシンキ経由、国際航路でストックホルムへ渡り、そこからレイキャビークへという日程になった。

#1初日

フィンエア関空発は午前便、家を早朝に出発。リムジンバスでウトウトしているうちに関空着。プロントでオトクな朝食セットを食べながらフィンエアのHPを見ていると、エコノミープラスシートに空きがあり、ツーリストクラスからもアップデートできるという。しかも格安。迷わずポチっ。

f:id:raccoonhouse:20180414212809p:plain 朝食@関空

フィンエアのエコノミープラス席は、ちょっと広くてマリメッコのグッズなどがもらえるのが特典。狸は呑めないし飛行機では眠れない。呑めてどこでも熟睡できるすずめも最近呑まないし、体格はミニマムサイズ。二人とも少食な方なのでビジネスクラスはオトク感がない。

f:id:raccoonhouse:20180414213646p:plain 機内軽食

前ポケットにオマケのマリメッコのポーチ。すずめは赤ワイン、狸は林檎ジュースである (^○^)。では、行ってきます。

f:id:raccoonhouse:20180414214037p:plain

©Tanu記